蓮日記

鉢の中を見ると、水面に向かって伸びてきている蓮の葉があった。

風で倒れたトクサは、根に近い部分で中折れしていた。折れている部分を手で切り取って、また底土に差し込んだ。

ワイヤープランツ

ワイヤープランツ3態。

本体はよりおおきな鉢に移し替え、枝1本は挿し木に、もう1本を水挿しにしていた。

移し替えと挿し木は成功。水挿しの枝は枯れてしまって失敗だった。

蓮日記

雨水が入ると、鉢の水のphが変わるので望ましくない、という主旨の情報を見つけた。

今のところ、メダカに対してはまったく問題ないようだ。

蓮日記

9月7日。アナカリスにメダカの卵らしき球体を見つけた。

いまの鉢に稚魚が隠れる場所があるか不明だったので、スポイトで吸い取って保護した。

水草に植え付けられて、ゆらゆら揺れているときは卵に見えたが、器の底に沈んでいる球体はとても卵には見えない。

うまくいけば10日くらいで孵化するらしいので、観察しよう。

蓮日記

枯れた葉を刈り取ろうとしたら、思いのほか茎との結びつきが強かった。

葉の一部だけがビリっと破けたので、あらためて握り返して刈り取った。

蓮日記

枯れて萎れた葉を刈り取るつもりだったが、いまいち気が乗らなかったので明日以降に。

強風のためか、トクサが倒れていた。

メダカの卵がアナカリスに植え付けられているようだ。

屋内の水槽はともかく、この鉢の中なら、稚魚が孵化しても育つだろうか。

9月4日。この日、秋田県センチュリーランに参加。台風接近で雨予報だったが見事に晴天。

しかし帰宅後は疲労困憊で家事すら何ひとつできず、写真も撮ることができなかった。

蓮の衰えが見て取れるので、鉢の観察には楽しみよりも、責任を感じるようになってきた。