冬のヘルニア

この冬は椎間板ヘルニアの痛みを緩和するためだけにあったような感じすらする早春です。この痛みは筆舌に尽くし難いもので、少しでも緩和するためにイスラム教の礼拝のような姿勢が有効です。

イスラーム研究(3):礼拝編
http://www.geocities.jp/jukutabi2/newpage33.htm

椎間板ヘルニアと診断されたのは3年前のことで、それ以前は腰痛でまとめられていました。痛みの性質やそれに対する治療、緩和方法がは今のものとほぼ同じなので、高校の終わりごろから症状が見られていたんだろうと思います。

今季のスペインリーグでも、ヘルニアニュース(こう書くとなんとなくスペイン語っぽい)がいくつか届きました。

イグアインがヘルニアで2カ月の戦線離脱か
http://www.soccer-king.jp/news/spain/article/id=6584

今シーズン前半、調子が上がっていた矢先の離脱でした。本人も関係者も無念でしょうが、そんなことより一度罹患した腰が本当に完治するのか、数年ごとに再発している自分には信じられません。手術をするといいんでしょうか…

バルセロナのグアルディオラ監督、椎間板ヘルニアで入院
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/1011/headlines/20110304-00000007-spnavi-socc.html

こちらは監督です。椎間板ヘルニアの原因は加重のほかにも、ストレスや運動不足など、様々な要因があると言われます(実際に言われました)。世界有数のチームの監督が抱えるストレスなど想像することもできませんが、まあきっと色々あるんでしょう。

また、アトレチコ・マドリードにペルニアという選手がいました。

マリアーノ・ペルニア

しかしこのエントリーだけで「ヘルニア」が8回も出てますね。ペルニアも含めると10回。いやもう、ほんと痛いんですよね。

コメントを残す