秋田

冬のヘルニア

この冬は椎間板ヘルニアの痛みを緩和するためだけにあったような感じすらする早春です。この痛みは筆舌に尽くし難いもので、少しでも緩和するためにイスラム教の礼拝のような姿勢が有効です。

イスラーム研究(3):礼拝編
http://www.geocities.jp/jukutabi2/newpage33.htm

椎間板ヘルニアと診断されたのは3年前のことで、それ以前は腰痛でまとめられていました。痛みの性質やそれに対する治療、緩和方法がは今のものとほぼ同じなので、高校の終わりごろから症状が見られていたんだろうと思います。

今季のスペインリーグでも、ヘルニアニュース(こう書くとなんとなくスペイン語っぽい)がいくつか届きました。

イグアインがヘルニアで2カ月の戦線離脱か
http://www.soccer-king.jp/news/spain/article/id=6584

今シーズン前半、調子が上がっていた矢先の離脱でした。本人も関係者も無念でしょうが、そんなことより一度罹患した腰が本当に完治するのか、数年ごとに再発している自分には信じられません。手術をするといいんでしょうか…

バルセロナのグアルディオラ監督、椎間板ヘルニアで入院
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/1011/headlines/20110304-00000007-spnavi-socc.html

こちらは監督です。椎間板ヘルニアの原因は加重のほかにも、ストレスや運動不足など、様々な要因があると言われます(実際に言われました)。世界有数のチームの監督が抱えるストレスなど想像することもできませんが、まあきっと色々あるんでしょう。

また、アトレチコ・マドリードにペルニアという選手がいました。

マリアーノ・ペルニア

しかしこのエントリーだけで「ヘルニア」が8回も出てますね。ペルニアも含めると10回。いやもう、ほんと痛いんですよね。

髪の毛を切る

髪の毛を切るといっても、自分の場合は自家用バリカンで9mmに揃える作業なので、芝を刈るイメージです。同居当初はかみさんがおもしろがって協力してくれましたが、最近はもっぱら一人。2週間に一度くらいのペースで、イスラム教の礼拝をするような姿勢でバリカンを使っています。

イスラーム研究(3):礼拝編
http://www.geocities.jp/jukutabi2/newpage33.htm

作業そのものは3~40分で終わり、床に置いた新聞紙には破片のような髪の毛が集まっています。2週間に一度のペースで、生えてくる髪の毛をただゴミ箱に捨てていると、ちょっと何かに使えないかなと思えてくるんですね。

つげ義春のマンガ「夜が掴む」(1974年)のなかで、DVの被害者である女性が、恋人であり加害者である男性の元を出奔する場面。何か売れるものがないかといって、今まで女性が切ってあげていた男性の髪の毛を持ち出します。最終的に髪の毛をどうしたかまでは描かれていませんが、では今の時代に髪の毛を売ることができるのか調べたところ、細かな条件つき(女性であることが大前提?)で、舞台などで使うカツラ用として買い取る業者がありました。

美さいくる工房・ラビットハンズ
http://www33.atwiki.jp/bicyclek/

一種異様な迫力があります。

O・ヘンリ「賢者の贈り物」(1906年)では、女性が髪の毛を売ることが切羽詰った状況を表すのに使われています。また2年前のスペインでは次のような事例も。

不況のスペイン、髪を売る女性が急増中
http://www.afpbb.com/article/economy/2666768/4938985

現代の女性にとっても「髪の毛を売る」ことは、最後の手段的な位置付けにあるのでしょうか。自分の場合はどうでもいいなあ。そんな感じで調べていたら、結局バリカンで刈った1cmそこらの髪の毛の処遇がどうでもよくなりました。

菅原神社の梅

八橋にある菅原神社で、梅の花がほころび始めていました。これは先週の写真で、その直後に雪が降ったり朝晩の冷え込みが厳しかったりしましたが、今はもう少し花が開いているでしょう。

自分の名前に漢字を一字付け加えるとしたら、それは間違いなく梅であることは周知の通りです。「子供ができたら梅の字を入れよう」とか、「犬を飼ったら名前を小梅にしよう」とか、酒が激弱な自分でも梅酒は比較的呑めるとか、とりとめのない話のネタになる存在で、そんな梅に親近感を抱いています。

というわけで、春も近いですね。

『東北ブックコンテナ meets AKITA 一箱古本市』つづき

一箱古本市の続き。

このイベントは東日本大震災から9日後、3月20日の開催でした。被害の少なかった秋田でもガソリンや食品、電池や懐中電灯などの災害対策品が完全に姿を消していました。物流の断絶により東北全体が陸の孤島状態だったこともありますが、購入ラッシュの影響も見逃せません。

*  *  *

■会場へ
会場のココラボへどうやって行くか。震災の影響もあり、自家用車のガソリンが残り1メモリしかありませんでした。家族内で「このガソリンは緊急時のために取っておく」という意識が通底していたのでバスで行くことに。
60冊の本(文庫、新書、雑誌)をバスで運ぶためにどうするかを考えた結果、旅行用のキャスターに本を詰め込み、それを箱に見立てて販売する形に落ち着きました。まあ、かなり重いです。

■乗り合わせ
バスの時刻表を確かめて、本のリストを印刷し終わったあたりで携帯電話に着信。近所住まいのイラストレーター・goo524さんからで「youせっかくだから乗り合わせちゃいなよ」という主旨の申し出が!
恐縮しつつも、ご厚意を頂戴しました。ありがとうございます。椎間板ヘルニアに苦しむ腰も喜んでおりました。久々にお会いできたのも嬉しかったです。

■食事
開催中の食事をどうするか。美郷古本市では人の流れを見ながら、コンビニ飯を無理やり胃に流しこみました。今回は震災の影響からコンビニ飯の計算が立たず、かみさんがおにぎりを持たせてくれていました。
14時を過ぎて空腹を感じ始めた頃、隣のブースで出展していたcoromo and DETOURさんから「youブース見とくから飯行って来ちゃいなよ」という主旨の申し出が!
恐縮しつつも、ご厚意を頂戴しました。ありがとうございます。旭川・北都銀行ビル・中央通り。展示場の裏側から眺める景色は新鮮でした。

■ブースの見せ方
上記のとおり、「旅行用のカートを開いて立てただけ」というのが自分のブースでした。まあ味気ないことこの上ないですね。写真撮るのも忘れるくらい。
終わって少し経った今では、これも引きが少なかった要素だと思います。もうちょい気の利いた敷物でも用意すれば「味気ない」を「シンプル」に変えられたような、自分のセンスを鑑みるとそうでもないような、そんな古本市でした。

『東北ブックコンテナ meets AKITA 一箱古本市』

書籍販売まど枠さんが企画した『東北ブックコンテナ meets AKITA 一箱古本市』に出店者として参加してきました。
http://madowaku-books.com/

昨年10月の美郷古本市に続く2度目の出店。屋号は同じく「古本松風」です。今後もこれで行こうと思います。
http://ichi.bricolab.net/

というわけで、あれこれまとめてみます。色々アレなので画像は小さめ。

■値段付け
小売店側の立場になったことはもちろんありますが、自分が値段を付けたものを売る経験が絶対的に少ないので、物色したり会話した上で買ってくれたお客さんに、ついつい値引きして売ってしまいそうになります。

自分は古本屋をよく利用するので、見た目や発刊年などを踏まえて客目線で値付けをするよう心がけています。だから胸を張って売ればいいと頭ではわかっているのですが、まあこれこそ慣れの問題でしょうか。

■開催地の違い
開催場所・出店者数・告知期間など、様々な要因があるので、単純に比較するわけにもいきません。ただ、出店してみて美郷古本市との大きな違いは、お客さんの年齢層でした。美郷の場合は、40代以上の方が多かったのに対し、今回は20代の方が中心。

■売上の用途
特段チャリティという前提がない古本市でした。ただ震災の募金・救援物資募集と同タイミングで告知が始まったこともあり(同じ会場)、チャリティ感覚が強くなったようです。

正直に言えば、申込み時はそこまで頭が回りませんでした。しかしながら、いつの間にか売り上げは全額寄付、という話があちらこちらから発生。なるほどそういう手があったのかと得心して、全額寄付しました。微々たる金額ですが、少しでも被災された人・地に向けて寄与できればと。

■商品と販売方法
個人的に興味深いのは、自分で売れそうだと思った本ぜんぜん動かなかったことです。古本に限らずユースものは、出会いというか巡りあわせの要素がものすごく高いと思います。来た人といい巡りあわせがなかったと言えばそれまでですが、美郷古本市の時と比べても、動かなかったのが印象的でした。

変化があったとすれば、緊張感がほぐれてきて、お客さんに声をかけ始めた頃から品が動くようになったこと。本の内容についての会話の後だと、比較的財布の紐が軽くなったような気がしました。これも次回への課題にしてみます。会話があるとなんとなく楽しかったのは新しい発見ですね。

あとは明朗会計。他の出店者さんはみな「この一群は●●円」という売り方をしていました。自分は、本を開かないとわからない形で、これも影響している可能性大。

■屋外開催
参加した2回とも屋内開催だったので、屋外での古本市に興味があります。昨秋の美郷古本市はもともと屋外の予定だったものの、直前の雨天の予報を尊重して無念の屋内開催。秋田市は3月開催なので、もちろん屋内。暑さ寒さがやわらぐ時期だと、お客さんも出店者も楽しめそうだなと思います。

■池田屋事件
出店者仲間で、普段は絵画教室をされている「池田屋事件」さんに、1枚100円で似顔絵を描いてもらいました。あちこちで好評で、うれしくなりました。

ワイヤープランツ

前回掲載した写真は全盛期の頃のもの。現在は枯れ(果てようとし)ている、自宅のワイヤープランツ。

植物を育てるのは難しいですね。冬は萎れるものらしいので、来春以降にならないと最終的な判断はできませんが、今までの成功率の低さからマイナス思考に。それなりに手入れした植物に枯れられると、自分が否定されたというより、住環境を否定されたような感じがします。そしてそれは、なぜだか自分が否定されたよりも落ち込ませてくれます。

調べてみればワイヤープランツの原産地はニュージーランドだそうで、なんかこう、NZ-wines効果でうまくいってほしいです。どうですかsaitoさん。

Continue reading

10 / 21« 先頭...89101112...20...最後 »