秋田市山内藤倉

R0013664

次の約束までの移動中、いい感じの川沿いを見つけたのでガサり目的で立ち寄りました。流れが速く深さがありそうだったので周辺を物色。ビオに入れるものとして眺めていると、普段は見過ごしている石にも大きさ・形・色・柄・質感など色んな要素があるんだなと。

GXR A12 50mm

ナガバオモダカ

R0013659

ナガバオモダカの花が咲いてました。去年、近場のホームセンターで買ってそのままビオに入れていたのですが、今のところ蓮よりもよっぽど元気。葉や茎がそこここに生えてきて、地下茎が全面に這っているのがわかります。余裕で越冬したんだなあ。

しかしながら、ウィキによると下記の特徴があるらしく、手放しで喜べない微妙な感情もあるんですよね。間引くにしても扱いに要注意。未調査の衝動買いも反省…

ナガバオモダカは水辺に大増殖することで在来の水生植物の生育地を奪い、水域生態系を破壊することが指摘されている[1]。そうした危険性から外来生物法により要注意外来生物に指定されている[1]。本種は走出枝によって容易に繁殖するため、環境省や研究者はナガバオモダカの栽培者に対して本種を野外へ遺棄しないように呼びかけている[2]。

ナガバオモダカ(ウィキペディア)

GXR A12 50mm

R0013317

広小路沿いのお堀。切れ込みの入った睡蓮の葉の向こう側に、ちょろちょろと蓮の立ち葉が顔を出してました。今年もガンガン咲いてもらいたいですね。

R0013656

例年、うちの蓮は葉の立ち上がりが遅いので、今年もそうだろうと思っていたら、すでに小さい葉が立ち上がってました。どうなるでしょうか。

GXR A12 28mm,50mm

千秋公園のお堀

千秋公園の堀で蓮が花開いてます。今年は暑さのせいか花期が長い印象ですが、そりゃあもういい光景です。

そして立派に咲いている蓮の花を見ると、自宅のビオトープが思い出されて少しがっかりします。

ホテイアオイ

去年まで蓮を育てていた小さな鉢は、メダカの育成に使っています。育成といっても、ウィローモスに産み付けられた卵を入れただけですが、外的(親メダカ)がいないからか、けっこう育ちました。で、水だけじゃまずいので、増殖しまくったオオサンショウモやホテイアオイを入れて環境を整えると、ビオっぽく見えるようになりました。


3日前、小さな鉢に浮かんでいたホテイアオイの中央部から怪しげな形の物体が伸びていました。


その翌日、気になって見てみると、どうやら花のつぼみが伸びてきている様子。


そして昨日、見事に咲きました。1つのつぼみから、3つの花が咲いているように見えます。今年も蓮の花が咲く見込みが少ないだけに、やはり嬉しい気持ちになります。


ホテイアオイの花は、1日だけしか咲かないことで知られているそうです。昨夜から今朝の強烈な雨でひっくり返った草の先端で、花はしおれていました。

蓮日記

底土に含まれていた種子なのか、見覚えのない草が伸びてきています。生育のスピードは他の浮き草に比べるとゆっくりで、1ヶ月で数センチほど。水面に向けて直進的に伸びるスタイルが気を引きます。

1 / 1712345...10...最後 »